ゆるりと散策しながら遊べる公園【千葉県千葉市】

沢山遊具がある公園も大変魅力的ではありますが、子連れ家族にとっては目一杯走り回れる広場があったり、公園周りをゆっくり散歩できたりするのも嬉しいですねよ♪

今回は、千葉県千葉市花見川区にある花島公園へ行ってきました!

訪問した日は祝日で、駐車場の混雑具合はこのくらいでした!(朝10時前)

この日はサッカーの格好をした子供たちがたくさんいて、スポーツの会場としても使われているようですね!
それでも駐車場がいっぱいで停められないというほどではなかったですよ。

こちらが花島公園の案内図です!

目次

遊具も十分に楽しめる!

案内図の赤色の現在地より左ななめ上の場所に遊具がありました。


大きめの遊具がドン!1種類でしたが、ロープで坂を登れたり、少し長めの滑り台がついていたり、太いロープの一本橋があったり、登り棒みたいなのがあったりと何種類かが融合している遊具でしたので、とても楽しんでいました♪

季節を感じられる自然がたくさん

園内は自然で溢れており、四季折々の植物を楽しむことができます♪
春にはお花見エリアで桜が楽しむことができ、散策しやすい小道もありました。
綺麗に整備されている小道だと、子供との散歩も安心して歩かせられますよね。 この日は11月下旬ということもあり、少し紅葉が楽しめました。


木々も沢山あり池もあるので、季節によって公園内を楽しめるのは心身ともに癒されますよね。
子供達と秋を見つけながらお散歩もでき、ほのぼのしながら歩けました♪

子連れには重要なトイレ事情!

トイレは公園内にいくつかありました!
ただ、女性用のトイレを使用しましたが和式だったので、小さいお子さんは体験されたことがない子もいらっしゃると思います。
我が家の5歳の娘はおっかなびっくりでしたが、一緒に和式トイレをまたいで後ろから支えてトライしてみました!
無事済ませられましたが、やっぱり抵抗はあったようで…
多目的トイレ(みんなのトイレ)もありますので、小さいお子様はそちらを使用するのもいいのかなと感じました!

また、園内に花島公園センターがあり、こちらには綺麗で清潔感ある洋式トイレがありましたよ!中にはアイスの自販機や飲み物の自販機もあり、快適に過ごせて便利でした♪

球技場前には大人の健康遊具がありました!

楽しみ方はいろいろ!

センターの隣の広場には、木の机と椅子が設置されていました。ベンチもありましたよ!
こちらでゆっくりお昼ごはんを食べても良いですよね。もちろんレジャーシートを広げて食べることもできます! このように、園内は広々していてレジャーシートを広げてのんびりしてみたり、走り回ったりと、自由に遊ぶことができます!子連れファミリーにとって最高ですよね♪



私が行った時はご家族でバトミントンしていらっしゃる方々やランニングされていらっしゃる方もいました!

まとめ

のんびりまったり、季節を感じながら過ごせる花島公園、いかがでしたでしょうか?
近くにコンビニがあり途中で歩いて買いに行くことも出来るので、思いついて急遽ピクニックも楽しめそうでした♪

駐車場料金は有料です。
4時間まで200円、4時間超400円になります!

みなさまの休日のお出かけの参考にしていただければ嬉しく思います♪


【施設概要】
・施設名:花島公園
・住所:〒262-0042 千葉市花見川区花島町308
・アクセス:
〈車〉
主要地方道長沼船橋線(県道69号線)「広尾十字路」を八千代方面へ、信号ふたつめ「花島公園西側」交差点を右折。
〈公共交通機関〉
JR幕張駅北口から:シーサイドバス(電話043-271-0205)「花島公園」行きで、終点「花島公園」下車。
乗車約30分、運賃300円(現金の場合)、1時間に3本程度。

JR新検見川駅北口から:京成バス(電話043-257-3333)「八千代台駅」行きまたは「柏井高校」行きで、「千葉幼稚園」下車。乗車約15分、運賃280円(現金の場合)、1時間に2本程度。

京成八千代台駅東口から:京成バス(電話043-257-3333)「花見川団地方面」行きで、「花見川交番」下車。
乗車約7分、運賃180円(現金の場合)、1時間に6本程度。

・TEL:
スポーツ施設:043-286-8825
コミュニティ施設:043-286-8822

・利用時間:8時30分~21時30分
・HP:
https://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/kanri/hanamigawa-inage/hanasimatop.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

小学生幼稚園児の2児のママです!
低価格で子供を楽しませたい!遊ばせたい!と考える日々を送っております^ - ^

目次