大人だけじゃない!子どもも楽しめる体力消耗に最高な場所!【府中】

娘は馬が大好き!馬好きの娘のために、都内で馬に触れ合うことができる場所はないかと探したところ、東京競馬場で触れ合いができるという情報をゲットしました。

今回は府中本町駅からも近い「東京競馬場」についてまとめましたので、是非おでかけの参考にしてみてくださいね!

目次

体力お化けの子どもには最高な場所

競馬場!というと、どうしても子どもの行く場所ではないと思う方がほとんどだと思います。しかし、実際には様々なイベントが開催されており、子連れでも楽しめるスポットなのです!

駅に着いてみるとベビーカーを押した子連れの方がたくさん!府中本町駅からだと屋根付きの歩道があるため、天候に左右されることなく競馬場まで行くことができます。
府中本町駅からゲートに向かい、中に入ると広いコースが広がっています。しばらく歩いていくと、ふわふわドームやミニ新幹線など、子どもが遊べる遊具がたくさんあり、すべて無料でした。
行った日は暑かったので、日陰にレジャーシートを敷いている人が多かったです。まだ売店もあり、その日はかき氷やソフトクリームなども販売されていました。

ご飯にも困らない

子どもエリアにも売店はありましたが、フジビュースタンドと呼ばれるメインスタンドにはたくさんの売店や飲食店がありました。開催日ではなかったため閉まっているお店もありましたが、子どもでも食べられるうどん屋やお子様メニューのあるレストランなどありました。 またコンビニも入っており、所々に立って食べられるようなテーブルがありました。子連れだと座って食べられるレストランがおススメです!

なんといってもメインの乗馬

子どもエリアだけでも十分に楽しめるのですが、今回のメインはなんといっても乗馬です。

乗馬イベントに参加するためには事前にアプリから抽選にエントリーする必要があります。抽選には『JRA 競馬場イベント 参加アプリ』から参加することができ、一日一回と決まっています。場内に入るとアプリ内に抽選に関する情報が表示されるため、乗馬を希望する方は事前にアプリをダウンロードし、位置情報をONにしておくことをオススメします。

この日は11:00~と11:30~の2回あり、私たちは11:00の回でした。子どもが乗る際には左右からスタッフの方が支えてくださり、安全に乗馬を楽しめました。娘は乗る前から茶色の馬に乗る!と楽しみにしており、たまたま運よく希望の茶色の馬に乗ることができ大興奮でした!

乗馬以外のイベントもあり!

乗馬以外にも馬車の運行(抽選)やホースショー、馬とのふれあいなど様々なイベントがあるようです。東門近くには馬小屋があり、馬を近くで見ることが出来ます。 また、遊具や水遊びできるスポットがある日吉が丘公園もあります!(水遊びは4月~10月頃)滑り台や大型遊具もあり、存分に楽しむことができます。

まとめ

競馬場というと大人が行くイメージ・・・ですが、実際には子どもが遊べるスポットがたくさんあり、とても広くいろいろな体験ができるおススメのスポットです!乗馬だけでなく子どもが夢中になって飽きずに遊べるので、是非HPをチェックして行ってみてください。

東京競馬場には、競馬開催日とパークウインズ(場外発売日)があり、日によって混雑具合も変わってくるので、事前の確認がおススメです。

【施設概要】
•施設名:東京競馬場
•住所:〒183-0024
            東京都府中市日吉町1-1
•アクセス:京王線「府中競馬正面前」駅から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2分  
      京王線「東府中駅」南口から東門まで徒歩約10分
          JR武蔵野線/南武線「府中本町駅」臨時改札口から専用歩道橋にて西門まで約5分

•営業時間:東京競馬場で開催時9:00(混雑時変更あり)
     場外発売時は9:10(混雑時変更あり)

 ※日吉が丘公園
 ・12月~1月:原則水木祝日および競馬開催日、
 ・3月~11月:原則水曜日から金曜日、祝日および競馬開催日
 ・平日は10:00-16:00、競馬開催日は開門から16:30
  注)都合により予告なく閉鎖となる場合あり。祝日開放した場合、翌平日開放日が振替で閉鎖。

•入場料:平日、場外発売日は無料
    東京競馬場開催日は原則200円(15歳未満無料)


HP
https://www.jra.go.jp/facilities/race/tokyo/index.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女の子の母です。公園で子どもとご飯を食べることが大好きです。これからもたくさんいろんな場所に行き、オススメできる場所を探したいと思います。ぜひ覗いてみてください。

目次